睡眠不足や食欲不振・・・夏バテの原因と予防法について!

暑い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか?

よく寝れていますか?

夏バテは、夏に起こる体の不調のことで、だるさや疲労が蓄積した症状のことです。

8f115fdda739133508ac0c62375

夏の疲れは、夏の終わりに・・そう夏バテは、今頃やってくるのです。

夏バテの原因「冷え」による自律神経の乱れ

夏バテといえば、食欲不振と睡眠不足が有名ですが、侮れないのが「冷え」です。
夏になると多くの人が「食欲がない」「眠れない」「クーラーが寒くて冷える」などの症状に悩まされます。
クーラーの効いた涼しいお部屋は快適ですが、体を冷やしたりむくみの原因にもなります。

もちろん、日中の外気と室内の温度の激しい寒暖の差もまた体力を消耗させることになります。

71f6363bb5020c2520ec4c51421

実は、汗をかかないことも夏バテの原因となっているのです。
冷え過ぎると体にストレスがかかります。すると自律神経の働きに支障がでてくるのです。

熱中症など体温機能調整の低下

汗はかきすぎても、かかな過ぎてもかかずにいるとよくありません。
特に熱中症など高温多湿の環境が続くと体温調節機能の働きが低下して、体内に熱がこもり

TSU882_eakonnashi_TP_V[1]

やすくなります。
結果として基礎代謝も落ちてしまって、疲れもたまりやすくなるのです。

また、冷たい飲み物や食べ物を食べすぎると胃腸を壊すことになりますよね。
胃腸の調子が悪くなると、必然的に食欲も落ちてしまいます。
すると、食事を軽くすませようとして、そーめんなど冷たいものばかり食べることに・・結果として体に必要なエネルギーやビタミンなども不足しがちです。

dc6f6f347559f30fa74dff73731

もちろん、身体を冷やすことになりましすし、どうしても冷たい飲みものを多く取りますので、下痢や胃もたれなどの症状を伴い、さらに消化能力を落としてしまう結果に!
なので、お水などは胃腸にも優しい常温で頂くことおススメいたします。

夏バテ予防の一番の方法は「睡眠」!!

では、どのようにして夏バテを予防したら良いでしょうか?

その一番の予防法は、しっかり寝てストレスや疲れを溜めないこと
暑いのでついつい夜更かししがちですが、早め就寝と睡眠時間の確保に気を付けてください。

cc6cb8d6e23efb5deb4231271e4
暑くて寝苦しいときは、クーラーを有効に使ったり、市販のひんやりシートを敷いたり、アイスノンなどで頭を冷やすと気持ち良く寝ることが出来ます。
また、どうしても日中眠いときは30分程度の昼寝も疲労回復にも頭をすっきりさせるためにも有効ですよね。

夏バテ防止、疲労回復にも効果がある食材

食欲不振が続くこともありますが、冷たく食べやすいものばかりでなく栄養価の高い食材を摂取することに気を付けましょう。

●うなぎ、豚肉、鯛、大豆、モロヘイヤ、玄米、ほうれん草、ごまなど

5971444f2fcccd5d7337a4a2211
→ ビタミンB1が沢山含まれていて、摂った糖質をエネルギーに変えるために欠かせない栄養素です。

●ニンニク、ニラ、ネギ、玉ネギなど
→ ビタミンB1の吸収を良くし、効果を持続させるアリシンという成分が多く含まれています。

●レモン、オレンジ、グレープフルーツ、キウイ、梅干しなど

7b4956c58a213232baca20833f7
→ クエン酸が、体内に貯まった疲労物質を早く代謝させます。

また、夏といえばスイカです。水分が非常に豊富でカリウム・カルシウム・マグネシウム等のミネラルも含まれています。
食塩少々を振りかけると旨みと甘みが増して、さらに美味しく頂けますよね!

また、ビタミンB2などを多く含む「みそ」や胃腸運動への作用、食欲増進、体を暖める作用がある「生姜」も料理をつくる際に使用するといいですね!

今年も残暑が厳しいことが予想されます。
日ごろできる夏バテ予防法を上手に使って健康生活を送っていきたいですね!

ブログランキングで奮闘中!!
yaji20クリックお願いしますyaji20

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ

お水に入れてたった30秒
いつでも何処でも簡単水素水
~エニテイH2~